ホテルに入るタイミング

私がまだうら若き乙女だったころの話。
彼と何度目かのデートも滞りなく進行し、今夜あたりが一歩踏み込むタイミングなのではないか、と思われる雰囲気が2人の間に漂っていた。

私もやぶさかではなかったが、何しろうら若き乙女だったので「えー、今宵も更けてまいりましたし、そろそろ良い頃合いではないでしょうか」などと、自分から切り出すのもためらわれた。
ここはいささか古風ではあるが、男性ににリードしてもらうのが望ましいと、彼の決心を待つことにした。

ところが、である。
私も若かったが彼も若かったので、そのようなタイミングをどうとらえてよいか図りかねているのか、先ほどから同じエリアをぐるぐる歩き続けている。

つないだ手は汗でびっしょりだし、私はヒールを履いた足が痛んできた。
それでもひたすら歩き続ける彼に、小1時間は耐えていた私であるが、ついにトイレを我慢できなくなり、その夜は解散となったのであった。

友人の会社の同僚

私が、すごく心身ともに落ち込んでいる時に、友人から電話があり「気晴らしに、カラオケに行こう」と誘われたのです。
その時、私はあまり行く気はなかったのですが、友人の誘いだからと思いカラオケ店まで、車で行ったのです。

カラオケ店に行くと、先に友人が来ていて友人は会社の同僚を4人連れて来ていたのです。
そのうちの、3人は私も知っている人達だったのですが、1人は初対面だったのです。

友人はその初対面の人は、友人が勤めている会社に新しく入った人だと言って、紹介してくれたのです。
その人は、他県から引っ越してきた人で、話しをしているうちに、今までに付き合ったことのない、素朴な人だなぁという印象だったのです。

友人が、付き合ってみたら?と言ってきたので、最初から、紹介するつもりだったなぁと思いながら、その場では、返事をせず連絡先を交換して帰ったのです。

数日後友人から「付き合いたいってよ」という話しを聞き、今までにない素朴な人だったので、付き合うことになったのです。

恋バナや恋愛相談、夫婦間の不協和音など、強烈な話

当時高校生の友達の彼氏が7個年上の家庭教師

中学生の頃、高校受験のために家庭教師を雇ったそうです。
その時の家庭教師が高校生当時の彼氏だったそうです。
彼女から別れを告げたこともあったそうですが、毎日家までつけまわされたそうです

無修正動画
無修正動画のサンプル
アダルトコンテンツを厳選してピックアップ。お気に入り即登録。
dougahakkutsu.com/

«