結婚式に聞いた主人からの言葉

結婚式の日のことは忘れてしまいたい位、しくじりだらけだった。
緊張と疲労とで、頭が全く動かない。
そんな中、どんどん式は進んで行く。
挙句の果てに、最後のお色直しの時に着ようと思っていたドレスが緩すぎる。


どうやら式直前、私はかなり痩せてしまいドレスがびっくりするほどゆるゆるになっていたのだ。
そこはへんは、プロの美容師たちが応急処置をしてくれたので何とか大丈夫だったのだが、こんなこともあるのかと、あの時ばかりは痩せてしまったことを後悔した。

今ならあり得ないことなのだが。
そんなこんなで進んで行った自身の結婚式。
最後の新郎からの挨拶で、主人はとんでもないことを言った。
「一目ぼれでした」と。

この私にである(笑)
主人もそうとう疲れていたのだろう。
それとも、緊張しておかしくなってしまったのだろうか。
こんなたくさんの人の前で、こんなに正々堂々と彼はそれを言った。

もう10年以上も前の話しなのだが、時々それを思いだす。
自分の主張など全くしない人なのに、その時だけは驚いた。
見た目にコンプレックスを強く持っていて、それゆえに消極的な生活をしてきたのに、こんなことを言われたら私は益々態度のデカい女になるではないか。

主人の女性の好みは本当ユニークだ。
始めて会った時、私を見てこの人と結婚するのだと確信したらしい。
私は全く何も感じなかった。
キツイ性格の私に挑戦状をたたきつけるなんて、なかなか勇気のある男だ。

忘れたふりをしているのだが、本当に嬉しかった主人の一言である。
一生忘れることはないだろう。

無修正動画サンプル
無修正動画サンプルの再生
無修正動画をフリーで視聴できるリンク集
dougahakkutsu.com/

»