激しい関係

もうお尻まで汁が垂れるほどになっていたそこにいきなり指を2本入れると、「ちょっと…ん!」
抵抗しながらも感じ始めます。
「あっ…あっ…!ダメだって!」

そこで手首の筋肉が限界になるまで、彼女が擦られると好きだった中の部分を指でこすると手の中が暖かくなってきました。
僕は初めての体験ですが潮を吹いたのです。

手はびしょびしょでシーツには大きなシミができています。
「うわーごめん」
息を乱しながら謝罪されましたが、そんな彼女がひどく可愛いく思い彼女の中に自分をすぐに入れました。

そこでも潮を吹きながら声を上げて喘いでいる彼女は本当にエロかったです。
お互いに果てた後で、どこでこんなになるまで開発されたのか聞きました。
親友ははっきり言ってセックスにあまり興味がないのでほかの男にされたのでしょう。

「ひみつだよ」
そりゃそうだと思って二人で昼寝をしました。
お互いに汗でびっしょりになったあとにクーラーをガンガンに効かせて眠るのは至高の惰眠でした。

若い時期だったからこそ出来るワザです。
今はガツガツするより、まったりしたペースがいいですね。
余裕があると、今まで見えてこなかったものか見えてきますので、ゆとりは必要なのでしょう。

ゆとり教育は必要ないですが、経験を重ねての「ゆとり」を作り出す分には大賛成です。
意味が解らなくなってきましたが・・。

知らないからこそ暴走する

ちょっとお互い、興奮状態で密室で過ごしていた時の事。
「ちょっと汗臭いけど…美味しそうだからいいや」
いきなり私の前に膝立ちになるとモノを咥えてしゃぶり始めました。

そのテクニックは素晴らしいもので、舌が自分のものに絡みついて這いずっていくのが分かり、腰が砕けそうになりました。
すると、彼女は右手で私のものをさすりながら左手で自分のあそこを触り始めたのです。

私は興奮して、彼女をベットに押し倒すとあそこに指を這わせました。
大洪水とはこのことです。

びしょびしょのそこに指を突っ込むとかき回しながら彼女と激しいキスをしました。
「もう…あっ…むり…入れてっ!」
その後は激しく絡み合いました。

シャワーを浴びずにお互いに少し汗の匂いがしたことも興奮が盛り上がった理由でしょう。
事後は風呂を溜めて相手の仕事の愚痴を聞きながら会話に花を咲かせます。
「今日は待ちきれなくて早く来ちゃって…かえって早く合流できてよかったですね」
この娘とはしばらく関係を続けたいと思った出会いでした。

もう十年以上前の話しで、出会い系で騙す輩は皆無だった時代、本当にストレートな出会いが楽しめたものでした。
今はビジネスの手段であったり、ちょっとよろしくない事が横行していたりと、リスクは大きくなっています。

男女ともに、いくつになっても出会いを所望していることがわかりますね。

アダルト動画サンプル集
アダルト動画サンプル集
高画質の無修正動画。フリーコンテンツのボリュームも規格外。
dougahakkutsu.com/

«