激しい関係

もうお尻まで汁が垂れるほどになっていたそこにいきなり指を2本入れると、「ちょっと…ん!」
抵抗しながらも感じ始めます。
「あっ…あっ…!ダメだって!」

そこで手首の筋肉が限界になるまで、彼女が擦られると好きだった中の部分を指でこすると手の中が暖かくなってきました。
僕は初めての体験ですが潮を吹いたのです。

手はびしょびしょでシーツには大きなシミができています。
「うわーごめん」
息を乱しながら謝罪されましたが、そんな彼女がひどく可愛いく思い彼女の中に自分をすぐに入れました。

そこでも潮を吹きながら声を上げて喘いでいる彼女は本当にエロかったです。
お互いに果てた後で、どこでこんなになるまで開発されたのか聞きました。
親友ははっきり言ってセックスにあまり興味がないのでほかの男にされたのでしょう。

「ひみつだよ」
そりゃそうだと思って二人で昼寝をしました。
お互いに汗でびっしょりになったあとにクーラーをガンガンに効かせて眠るのは至高の惰眠でした。

若い時期だったからこそ出来るワザです。
今はガツガツするより、まったりしたペースがいいですね。
余裕があると、今まで見えてこなかったものか見えてきますので、ゆとりは必要なのでしょう。

ゆとり教育は必要ないですが、経験を重ねての「ゆとり」を作り出す分には大賛成です。
意味が解らなくなってきましたが・・。

デリヘル最新版
埼玉デリヘル最新版
埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/

«
»