いつまでも家によんでくれない彼

彼とはつきあって半年、行きつけの飲み屋さんで知り合ったのですが、いつまでたっても家に連れて行ってくれません。
親と同居しているということで、気を使うからとか明日は早勤だからとか、なんやかんやといろんな理由をつけて私を家に連れて行かないようにしていました。

住所を聞いてもいつもあやふやに誤魔化されてばかりでした。
さすがに怪しいなと思いはじめて、彼の後を尾行する決心をしました。

まさか私が尾行しているとも知らず、呑気に駅前のケーキ屋さんでロールケーキなんか買ったりして・・・。
ますますおかしい!誰に買って帰るのよ!だんだん腹が立ってきて、怒鳴ってやりたくなる衝動を抑えるのに必死でした。

彼が家に入ると「パパお帰り!」と子供の声が聞こえました。
パ、パ、パパ・・・、奥さんらしき人の笑い声もかすかに聞こえ、予感的中です。
まんまと騙された私、このまま泣き寝入りなんてするもんか!

しっかり住所を控え、その夜表札に書かれた奥さん宛に手紙を書きました。
たった一行、「ご主人に騙されました ○○美」とだけ書いて送りました。
奥さんには申し訳ないけれどあとはそちらで修羅場って下さいな~ってね。

私って意地が悪いでしょうか・・・。
いや、意地が悪いだのなんなのとは言ってられないのです、裁判沙汰にならずに済ませただけラッキーと思ってもらわないと。

離婚調停にはなるかもしれないですけどね。

»